人間尊重、人材育成、多様性の推進

方針

全ての企業活動で人権を尊重し、人材の育成と多様性を推し進めます。

課題の認識

信越化学グループは、人権を全ての企業活動の礎として尊重しています。
世界的に人権に対する関心が高まる中、この方針を遵守し、当社グループと全てのステークホルダーの人権尊重に取り組んでいます。さらに、人材の育成と多様性の推進が事業を成長させ会社を永続的に発展させていくために必要不可欠と考えています。

ワークライフバランスのための制度

育児支援制度

信越化学グループは従業員の出産と育児を支援しています。出産や育児に関わる制度や手続きをまとめた「出産・育児ガイドブック」を発行しています。当社の育児休業制度は子どもが満3歳になるまで取得可能です。当社および国内連結会社では、平均して毎年30名程度の従業員が育児休業制度を利用しています。また、配偶者の出産時には有給休暇を5日間付与しています。1日2時間まで勤務時間を短縮する短時間勤務制度は、子どもが小学校を卒業するまで利用することができます。
さらに、在宅勤務制度の活用も推進しています。

なお、海外グループ会社では現地の法令に従って育児を支援しています。

育児支援のための主な制度(信越化学)

育児支援のための主な制度(信越化学)

  • ※ 2017å¹´10月より、条件を満たした場合は最長2歳になりました。

育児休業制度利用者数

2020年度 2021年度 2022年度
男性 女性 男性 女性 男性 女性
信越化学(単体) 7 8 15 8 23 10
国内連結会社 12 24 24 24 66 27
連結会社全体 84 66 88 99 156 151
  • ※ 育児休業期間は各国の法律に従っているため、国によって異なります。

介護支援制度

介護支援制度

当社グループでは介護をしながら働く従業員のために、右の表のような介護支援制度を設け、介護をしながら仕事を続けていくことができる環境を作っています。

また、介護に関わる会社の制度や介護保険制度の説明などを一冊にまとめた「介護ガイドブック」を発行しています。さらに、2014年度より「健康管理・介護サポート」サービスの提供を始め、社外の専門家による相談窓口を設置しました。

介護支援のための主な制度(信越化学)

介護支援のための主な制度(信越化学)

介護休業取得者数

2020年度 2021年度 2022年度
信越化学および国内連結会社 2 2 3

福利厚生

積立年休制度

当社グループでは就業規則に基づき付与されている年次有給休暇が失効した場合に、一定の日数を積立年休として取り扱っています。積立年休は、家族の介護や私傷病、地域災害ボランティア活動、臓器・骨髄移植ドナーとなるときなどに使用することができます。

従業員のホットライン

当社グループでは仕事の悩みなどを相談できる窓⼝として、社外の専⾨カウンセラーが対応する「ダイヤルShin-Etsu」を設けています。匿名、秘密厳守で相談を受け付けていますが、相談者の希望があればカウンセラーから⼈事部⾨へ連絡を取り、対応を検討することも可能です。

新幹線通勤制度

1989年から当社グループでは会社負担による新幹線通勤を認めています。この制度により、当社の⼯場があります群⾺県や福島県から本社へ転勤する従業員が、⽣活環境や教育環境を変えることなく、東京地区で勤務することが可能になりました。また、持ち家の促進にもつながっています

その他の制度

2012年6⽉にアメリカのワシントン州⽴クラークカレッジへ1年間留学する、Dr. Kanagawa奨学⾦制度を設⽴しました。⻑年築いてきた同⼤学と当社前会長の⾦川との信頼関係から⽣まれたものです。その他にも、財形貯蓄制度、持株会制度、さらに結婚や出産、急な家族の⼊院などを⽀援するための共済会を設けていま す。

福利厚生施設

寮/社宅
通勤可能な地域外に自宅がある当社グループ従業員のために、当社本社および各工場の周辺に寮や社宅があります。

保養所
神奈川県、静岡県、福島県、新潟県に直営保養所があります。当社グループの従業員がこれらの保養所を利用する場合は、家族や友人も利用することができます。さらに、社外の保養所とも提携し、利用者には補助金が支給されます。

信越化学 箱根 新千荘(神奈川県)

信越化学 箱根 新千荘(神奈川県)

労使関係

当社は、信越化学労働組合とさまざまな話し合いの場を通じて、相互理解に努めています。毎月本社で開催している「中央労働協議会」には経営トップが出席し、経営方針や個別事業の概況、人事制度などについて対話を積み重ねています。また、各事業所でも、毎月、信越化学労働組合の各支部と「地区労働協議会」を開催しています。
労使の対話を重ねることで相互の理解と信頼が一層深まり、事業の拡大と事業環境の変化にも即応できる、労使一体の事業運営を行っています。

社員意識調査の実施

より働きがいを持てる職場づくりに役立てるために、2022年に信越化学で働く社員を対象に、社員意識調査を実施しました。調査では、コンプライアンス、お客様志向、経営理念の浸透、会社の将来性、人事制度、キャリア展望、業務負荷、職場環境、上司との関係などの項目について質問しました。
回答率は86.5%で、分析の結果当社の従業員のコンプライアンス意識が高いことがわかりました。今回の調査結果を参考にして、当社の良いところはさらに伸ばし、改善すべき点は改善していきながら、より多くの社員が働きがいを持てるよう、取り組みを続けていきます。

  • ※「働きやすい環境づくり」での信越化学グループの対象は、信越化学の従業員と出向者です。

関連情報

サステナビリティデータ集