気候変動への対応

中期目標
2025年に1990年比で温室効果ガス排出の生産量原単位を45%に削減する。

2019年度の 実績と評価
信越化学グループは1990年比で 54.1%、信越化学は49.5%

2019年
目標:エネルギー使用量を生産量原単位で平均年率1%削減する。
実績:2016年度から2019年度までの年平均削減率は、信越化学グループは0.3%、信越化学は1.1%。
評価:信越化学は目標を達成。

2020年
目標:エネルギー使用量を原単位で平均年率1%削減する。

実績

当社グループでは世界的な気候変動への具体的な対策を取るために、社長を委員長とするESG推進委員会が、事業部門と連携してこの重要な課題に取り組んでいます。

気候変動への対策として、2010年度から、「2015年に1990年比で温室効果ガス排出の生産量原単位を50%に削減する」の中期目標達成に向けて、革新的な技術の導入に加えて、省エネルギーやコージェネレーションシステムの導入などを実施してきました。さらに、2016年度からは新たな中期目標「2025年に1990年比で温室効果ガス排出の生産量原単位を45%に削減する」を定め、その達成に向けて取り組んでいます。2019年度は、ガスタービンの導入によるコージェネレーションや電解槽の高性能イオン交換膜への更新による電力削減などに着手しました。

2019年度の温室効果ガス排出原単位は、1990年と比較して当社グループは54.1%、当社では49.5%でした。

なお、当社グループは2019年5月にTCFD*1の提言への支持を表明いたしました。また、「TCFDコンソーシアム」*2にも参加しました。今後、気候変動に関して提言に沿った情報の開示を進めていきます。

関連情報

信越化学グループと気候変動

温室効果ガス排出量 1990年⽐生産量原単位指数の推移

温室効果ガス排出量 1990年⽐生産量原単位指数の推移

エネルギー使用量の推移(原油換算)

エネルギー使用量の推移(原油換算)

温室効果ガス排出量の推移

温室効果ガス排出量の推移

温室効果ガス排出量の推移(売上高原単位)

温室効果ガス排出量の推移(売上高原単位)

  • * 原単位=排出量(CO2-トン)/連結または単体売上高(百万円)
  • * 温室効果ガス排出量の集計対象範囲 信越化学グループ:非連結を含むグループ会社 信越化学グループ以外の化学5社:連結3社、主要グループ 会社1社、単体1社

TCFD

  1. *1 TCFD
    Task Force on Climate-related Financial Disclosure(気候関連財務情報開示タスクフォース)。2015年9月に金融安定理事会(FSB)が立ち上げた、気候変動に関する情報開示の特別チーム。TCFDは2017年7月に、「企業は、中長期の複数の気候変動の予測と将来シナリオを元に自社のリスクと機会を分析し、財務への影響度を開示すべきである」との提言を発表した。
  2. *2 TCFDコンソーシアム
    2019年5月に、経済産業省、金融庁、環境省が中心となって設立した団体。TCFD の提言に賛同する企業や金融機関などが一体となって、企業の効果的な情報開示や、開示された情報を金融機関などの適切な投資判断に繋げるための取り組みを推進することを目的としている。

熱エネルギー循環の取り組み

信越化学の各工場では、熱エネルギーの循環に取り組んでいます。

工場での蒸気と電気の流れ

工場での蒸気と電気の流れ

■ コージェネレーションの導入

工場ではコージェネレーションシステムを使用して蒸気と電気を作りだしています。コージェネレーションシステムで作った電気は製造設備の稼働を支えています。また、蒸気は製造設備の加熱や保温に使用されています。蒸気は加熱に使用して温度の低下したものをそのまま排出せず、低温の蒸気でも使用可能な製造設備の加熱に再利用します。最終的には蒸気を水に変え、回収した水を再利用しています。

■ 廃熱の回収

生産工程から出る熱を回収し別の工程でそのまま熱エネルギーとして利用しています。さらに、残った廃熱を主に蒸気に変えて回収し、吸収式冷凍機で冷水を作り、製造設備の冷却などに利用しています。

  • * コージェネレーションシステム(熱電供給)
    天然ガスや石油、液化石油ガスなどを燃料として、エンジンやタービン、燃料電池などの方法で発電し、その際に生じる熱をスチームとして同時に回収するシステム。

温室効果ガススコープ3排出量

2019年度の当社グループの温室効果ガススコープ3排出量は17,315千CO2 -トンで、サプライチェーン*全体の76%を占めています。

  • サプライチェーン
    ある製品の原材料が生産されてから最終消費者に届くまでの過程。

関連情報

環境データ集

2019年度 カテゴリー別スコープ3排出量(単位:千CO2-トン)

2018年度 カテゴリー別スコープ3排出量(単位:千CO2-トン)

  • 温室効果ガス排出量の算定範囲
    スコープ1:自社が所有、支配する施設からの直接排出(例:重油や天然ガスなどの燃焼時の排出)
    スコープ2:自社が購入したエネルギーの製造時の排出(例:購買電力の発電時などの排出量)
    スコープ3:自社のサプライチェーンからの排出

気候変動の対応に貢献する信越化学グループの製品

気候変動の対応に貢献する信越化学グループの製品

当社グループの製品は、全世界で様々な最終製品に使用されることで、気候変動の対応に貢献しています。これは、SDGsの目標7「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」と目標13「気候変動に具体的な対策を」の達成につながります。これら2つの目標に貢献している製品の2019年度の売上高は、1,860億円でした。

関連情報

信越化学グループとSDGs

信越化学グループと気候変動