省エネルギー、省資源、環境負荷の低減

方針

省エネルギーと資源の有効利⽤をさらに推し進め、地球の未来のために、さまざまな環境課題の解決に向けて対応します。

課題の認識

気候変動への具体的な対策、限りある資源の有効利⽤、サーキュラーエコノミー*は、企業が取り組む重要な課題と認識しています。信越化学グループでは、省エネルギーと資源の有効利⽤、製造⼯程における環境負荷の低減に取り組み、地球環境に貢献するだけでなく、当社の競争⼒を⾼め永続的な発展につなげていきます。

  • *サーキュラーエコノミー
    利用後の廃棄物を別の事業の資源にしたり再活用するなど、既存の資源を再生し、循環させていく経済活動

環境マネジメントシステム

環境マネジメント
信越化学グループは、省エネルギー、廃棄物削減、化学物質管理などを重要課題として取り組んでいます。レスポンシブル・ケアコード*1に従って「信越化学グループ環境保安管理計画」を毎年策定し、その中で具体的な数値目標を設定しています。
当社とグループ会社の全工場は、この管理計画に基づいたそれぞれの年間の目標を設定し、その達成に向けて取り組んでいます。
年間の活動実績は、グループ環境保安会議で環境保安担当役員に報告されます。
活動の水準を高めるために、各工場とグループ会社がそれぞれの事業所において年数回の内部監査を行い、目標の妥当性の検討や達成度の進捗を確認しています。さらに、定期的に実施している環境保安監査でも、活動内容や達成度を確認しています。監査の結果については、経営トップにも報告しています。

環境負荷低減の推進
当社グループは、製品の製造段階における環境負荷の低減に常に取り組んでいます。さらに、製品の使用段階での環境負荷の低減や省エネルギー、省資源への貢献を検討しながら、研究・製造・販売部門が三位一体となり製品の開発を行っています。それらの製品は、産業、生活、再生可能エネルギーなどの幅広い分野で使われています。

事業活動による環境負荷

  • *1 レスポンシブル・ケアコード
    レスポンシブル・ケアを実施する際の基本的な実施事項を定めたもの。環境保全、保安防災、労働安全衛生、物流安全、化学品・製品安全、社会との対話といった活動分野ごとの6つのコードと、これらをシステムとして共通に運用していくためのマネジメントシステムコードの計7つで構成されている。
  • *2 廃棄物
    廃棄物は国によって定義が異なるため、信越化学および国内連結会社の集計です。
  • *3 PRTR制度対象物質
    「特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律に基づく、化学物質の排出移動量届出制度」に基づく対象物質のうち、第一種指定化学物質である462物質です。PRTR制度対象物質は各国の基準が異なるため、信越化学および国内連結の集計です。
  • ※ 再資源化率は、廃棄物発生量に対する再資源化量の割合です。
  • ※ 最終処分率は、廃棄物発生量に対する最終処分量の割合です。

課題と実績

環境保全および化学物質管理に関する2022年度の課題と実績、2023年度の課題は、以下の通りです。

省エネルギー、省資源、環境負荷の低減に関する課題、実施状況、評価、実施予定項目

環境管理認証の取得

1996年に信越化学 群馬事業所は国内の化学系大手企業として初めて、環境マネジメントシステムに関する国際規格「ISO14001」を取得しました。その後もグループ全体でISO14001などの認証取得活動を進めています。

ISO14001 認証取得事業所一覧

サステナビリティデータ集

社員の取り組み

シンエツ マグネティクス マテリアルズ ベトナム社(ベトナム)環境保安部 NTLさん

シンエツ マグネティクス
マテリアルズ ベトナム社(ベトナム)
環境保安部
NTLさん

1.担当業務を教えてください。
私は、レア・アースマグネットの 原材料、中間製品、最終製品の化学成分の分析などを行う分析部門と、環境マネジメントなどを行う環境・安全衛生部門の、二つの部門の責任者を務めています。当社は事業規模の拡大に伴い、従業員数も増加し続けています。従業員の安全維持の強化と環境保全のさらなる推進のために、2023年1月 に環境・安全衛生部門が新たに設立されました。
その他、当社のRECP*活動である国連工業開発機関とベトナムの計画投資省によるプロジェクト「Eco-industrial Park Intervention in Viet Nam」の活動も担当しています。このプロジェクトは、持続可能な産業に貢献するエコ工業団地のモデルを作り、ベトナム国内に展開することを目的としています。

2.2023年度の環境目標について教えてください。
2023年度は以下の4つの項目に特に重点を置いて取り組んでいきます。それぞれの項目について具体的な目標と対策を立てて、毎月進捗状況を確認していきます。
1. 法令やステークホルダーからの要求事項の遵守
2. 廃棄物の管理
3. 省エネルギー、省資源
4. 安全最優先

3.あなたの工場は環境への影響をどのように管理していますか?
現在、当社は以下の方法で環境への影響を管理しています。
1. 大気環境への影響
排気処理装置を設置して生産プロセスから放出されるガスを処理しています。また、環境に放出する前に排出ガスから粉じんを除去する防じんフィルターを設置しています。放出されるガスは、ベトナムの国家技術基準を満たしています。環境・安全衛生チームが、これらの設備の状態を常に監視しています。
2. 水源環境への影響
① 産業廃水処理プラントを設置して、ベトナムの国家技術基準を満たすよう、生産から発生するすべての産業廃水を河川に放流する前に処理しています。環境・安全衛生チームが、このシステムの状態を常に監視しています。また、産業廃水のサンプルは、研究所によって毎日検査されています。
② 下水排水処理場を設置して、食堂、手洗器などからの廃水を基準に合うように処理しています。
③ 工場の排水、下水排水、排出ガスの第三者監査を3ヶ月ごとに受審しています。
3. 廃棄物
① 当社の従業員が毎日廃棄物の分類を行っています。固形廃棄物の保管エリアは廃棄物の種類ごとに分けられ、識別されています。リサイクルできる廃棄物は固形廃棄物から分離し外部に売却し他社の材料となることで、環境負荷の低減に貢献しています。
② 新規採用社員向けに、廃棄物の識別と分類の教育をしています。
4. 2018年にISO14001認証を取得しました。
5. 適用されるベトナムの法律、規制の最新情報を収集し、遵守しています。
6. 技術会議を開催し、節水や節電など、従業員が環境保護の改善のためのアイデアを提出することを奨励しています。
7. 工場の敷地の最低20%が緑地になるように、工場で植林活動を行っています。

4.環境の法規制を遵守するため、どのような活動をしていますか?
当社は、法律、規制、および顧客からの要求の最新情報の入手と、それらの当社が遵守しているか確認するための管理プロセスを確立しています。定期的に確認することで、当社のコンプライアンスの向上に努めています。

5.省エネルギー、省資源、環境負荷低減の観点から、今後注力していきたいことは何ですか?
今後も適応される環境規制の遵守を徹底していきます。その他、水使用量の削減、省エネルギー、廃棄物の削減への取り組みを強化します。さらに、従業員からアイデアを積極的に募ることで、会社全体で環境負荷低減の取り組みを進めていきたいと思います。

  • *RECP(Resource Efficiency and Cleaner Production)
    効率を高め、人間や環境に対するリスクを低減するために、予防的な環境戦略をプロセス、製品、サービスに継続的に適用すること。