CSR調達の推進、原料調達の多様化

調達基本方針

「調達基本方針」を策定し、グループ内に周知するとともにホームページで公開しています。お取引先には当社の「調達基本方針」をご理解いただき、取引基本契約の中にその内容の記載をお願いしています。また、お取引先に「調達基本方針」をより深く理解いただくために「CSR調達ガイドライン」を作成し、ホームページで公開しています。2017年7月および2018年1月にはお取引先を対象とした本ガイドラインの説明会を開催し、当社グループのCSR推進へのご理解とご協力をお願いしました。

なお、お取引先と当社グループとの取引の透明性と公平性を確保するために、2018年1月にサプライヤーホットラインを設置しました。

信越化学グループ
調達基本方針

1.法令の遵守

信越化学グループは、経営目標の冒頭に法令遵守を掲げ、従業員一人ひとりが社会的責任を自覚し、法令、倫理および会社の諸規程を遵守した業務活動を行っています。購買、調達活動においては相互の信頼を第一に取り組んでいます。誠実かつ公平にこれを行い、不当に便宜を図ったり、不当な要求をいたしません。

また、直接お取引する調達先はもちろん、その先の供給者までを含むサプライチェーンにおける国際労働機関(ILO)の主要な労働基準の遵守をはじめ、環境に関係する法令や小規模の事業者を含むお取引に係る法令などに則った行動を推進しています。

2.企業の社会的責任の推進

信越化学グループは、企業の社会的責任(Corporate Social Responsibility=CSR)を果たすために多岐にわたります活動を推進しています。CSRの推進にはお取引先の皆様の協力も不可欠であり、次の事項をお願いするとともに、相互の信頼関係を築き高めていくことに努めます。

  • (1)社会規範、倫理および法令の遵守の強化と推進を図ること
  • (2)安全防災と環境保全を最優先事項とし、環境規制化学物質の管理ならびにグリーン調達に協力し、
    自らも配慮すること
  • (3)納入物品の安全性と信頼性の確保、不測の事態への迅速な対応について的確で公正な情報開示に努めることなど、
    リスクマネジメントを展開すること
  • (4)人権を尊重し不当な差別を排除し、国際労働機関(ILO)の主要な労働基準を守り不当な労働行為をさせないこと
  • (5)機密情報および個人情報の漏洩を防止すること。第三者の知的財産の権利を尊重すること
  • (6)生物多様性の保全に配慮すること
  • (7)紛争地域および高リスク地域における紛争や人権侵害などへの関与が明らかな鉱物を調達しないこと

3.取引先の選定

信越化学グループは、取引先を広く世界に求め、公平、公正、機会均等を基本に、①国際競争力のある品質と価格、
②納期および供給安定性、③お取引先様の経営安定性、信頼性、技術力、④企業の社会的責任の推進で掲げた事項等を総合的に勘案し、お取引先様の選定を行います。

4.取引先育成と見直し

信越化学グループは、取引のために必要不可欠な情報をお取引先様に提供するとともに、お取引先様におけるVA、VE*の改善活動や品質の維持、向上に協力いたします。信越化学グループは定期的にもしくは必要に応じて、お取引先様のパフォーマンスの評価と見直しを行います。

  • VA、VE (Value Analysis︓価値分析、Value Engineering︓価値工学)
    顧客満足の高い価値ある新製品の開発や、既存製品の改善のための手法

関連情報

CSR調達ガイドライン

サプライヤーホットライン

社員の取り組み

信越化学 本社 資材部 MAさん、JSさん

信越化学 本社 資材部
MAさん、JSさん

お取引先とともに、持続可能な社会を目指しています

1.担当業務をお教えください。
信越化学で使用する電力・ガス、各種化成品・パルプなど原材料の調達を担当しています。

2.2017年にCSR調達ガイドライン(以下、ガイドライン)を作成したきっかけは何ですか。
資材部では以前よりCSR調達に取り組んでおり、その基本となる調達基本方針を定めています。調達基本方針をより具体的に説明し取引先の皆さんにご理解いただくための一助になればと思いガイドラインを作成しました。
ガイドラインは、当時の業界標準であったEICC(現RBA)*1の行動規範5.0版を元に作成し、更に事業継続計画など当社独自の項目を入れました。このガイドラインの作成を通じて、CSR調達について調達担当者として心がけるべきことやお取引先へお願いすべきことが明確になったのではないかと思います。

3.2020年の改訂では、どのようなことを重視しましたか。
2018年のRBAの行動規範6.0版への改訂により追加、変更された個所を、ガイドラインに反映させました。また2020年のCMRT*2の更新に合わせた内容の修正と、ガイドライン文面の見直しを行いました。合わせて、事業継続計画の具体的な対策例を挙げることでより分かりやすく説明することに注力しました。

4.サプライチェーンマネジメントの今後の展開予定を教えてください。
主要なお取引先へは、このガイドラインを元にした説明会を行い、対応状況の質問表への回答のご協力をお願いしています。この対象範囲を拡大してより多くのお取引先にガイドラインをご理解いただき、安定、公正、公平な調達につなげていきます。

5.新型コロナウイルス感染症の調達への影響はいかがでしたか。
海外からの原料調達においてはロックダウンによる生産停止の影響を受けたものが一部ありました。しかし、以前から複数購買に取り組んでおり代替原料を確保していたため、製造への影響はありませんでした。また、リモートワークや時差出勤、WEB会議システムを活用したお取引先との面談などにより、新型コロナウイルスの感染防止に取り組みながら購買業務を継続することができました。

  1. *1EICC(現RBA)
    電子業界 CSR アライアンス。2018年に、現在のRBA(レスポンシブル・ビジネス・アライアンス/責任ある企業同盟)に名称が変更された。電子産業または電子機器を主な部品とする産業、およびそのサプライチェーンにおいて、労働環境が安全であること、そして労働者に対する敬意と尊厳を持って処遇すること、さらに環境への責任とともに、業務を倫理的に行うための基準を定めている。
  2. *2CMRT
    RBAの紛争鉱物フリー推進イニシアチブ「責任ある鉱物イニシアチブ」が作成している紛争鉱物報告テンプレート。同テンプレートは紛争鉱物フリーの原材料調達を可能にするためのサプライチェーン全体における情報管理ツール。

下請法の遵守

購買・調達担当者は下請法を理解するために、下請法講習を受講しています。また、定期的に下請取引に関する内部監査を実施することにより、下請法遵守の徹底を図っています。さらに、下請法の対象となるお取引先の漏れがないよう、 既存の取引内容や新規取引の報告を定期的に確認しています。

下請法遵守のための内部監査(2019年12月 信越化学 鹿島)

下請法遵守のための内部監査
(2019年12月 信越化学 鹿島)

持続可能な調達

当社グループは全ての調達品から紛争地域および高リスク地域における紛争や人権侵害などへの関与が明らかな鉱物を排除することを、調達基本方針で宣言しています。お取引先にはその方針の遵守をお願いするとともに、該当の鉱物について、定期的に製錬所までさかのぼって調査しています。

さらに、信越化学は2021年2月に、RSPO(持続可能なパーム油のための円卓会議)に参加しました。RSPOは、サプライチェーン内の協力とその利害関係者との開かれた対話を通じて、持続可能なパーム油の成長と使用を推進する非営利団体です。当社はRSPOの主旨に賛同し、参加を決定しました。

調達監査

お取引先にサプライヤーCSR調達調査票にご回答いただくことで、お取引先が当社グループの「CSR調達ガイドライン」に沿った事業活動を行っているかを確認しています。また、必要に応じて、国内外のお取引先の訪問監査を実施しています。

資材会議の開催

当社資材部では半期に1回、全社の調達部門担当者を集め、資材調達に関する全社会議を開催しています。この会議では 資材調達の報告だけでなく、CSR調達ガイドラインに沿った調達部門担当者の教育やCSR調達の推進状況を確認、社内外 のCSR調達の最新事例の学習なども行っています。

工場総合防災訓練(2019年11月 信越化学 直江津)

資材会議(2019年9月 信越化学 本社)

原材料の化学物質管理

環境負荷の少ない物質を購入するために、お取引先のISO14001の取得状況を確認し、ISO取得の納入業者に対しては、優先的な取引を検討しています。原材料の納入に関する仕様の締結においては、以下の状況の把握に努めています。

  • ・製品、梱包材料の環境負荷化学物質の使用に関する関連法規の遵守状況
  • ・RoHS指令への遵守状況
  • ・SDS/chemSHERPAを活用した物質管理