HOME
 >  MEMBER'S VOICE >  簗瀬 優

現在の仕事について教えてください。

半導体製造におけるリソグラフィ工程で用いられるフォトマスク用防塵カバーを製造する工場で、研究スタッフとして働いています。高品質な製品を安定製造するための製造条件の改善研究や、ユーザーからの要望に応えるための新規製品の開発研究を行っています。特に製造条件の改善研究は、製品の質に大きく影響を与えうる緊張感のある仕事ですが、努力した分、高品質な製品が出来上がるので、やりがいがあります。

あなたの忘れられない仕事、一番印象に残っている仕事は何ですか?

製造工程の変更を行う作業が特に印象深いです。研究段階では製造数、作業時間等、製造条件が限定されていますが、製造への適用になると製造数が格段に増えるので、作業時間も長くなり、製品一つ一つのバラツキが大きくなります。製造適用前に何度検証実験を行っていても、製造結果を見るまでは緊張の連続です。製造への適用直後では、軌道に乗らないことも多々あります。上司や作業者の方を始め、周囲の方に迷惑をかけることがありますが、多くの方にサポートをいただいたお蔭で、仕事を進められていると実感します。無事工程の変更が完了し、改善結果が現れてきた時には、安堵感と共に大きな達成感を感じます。

「信越化学工業の魅力」について教えてください。

若いうちから責任のある仕事を与えてくれる所だと思います。私は現在2年目ですが製造の一工程を担当していますし、同部署の3年目の先輩は海外ユーザーの対応をしています。責任のある仕事でも、上司が細かく指示を出すのではなく、若手社員が自ら主体的に業務を行えるよう、要所要所で的確にアドバイスをしてもらえるので、仕事力を日々育ててもらえていると感じます。

PROFILE 簗瀬 優 2014年入社 群馬事業所 精密機能材料研究所 生命農学研究科 生物圏資源学専攻

学生時代に熱中したこと

高校から女子サッカーをしており、大学時代は社会人チームで毎週末サッカーの練習に打ち込みました。

こだわりの仕事ツール

クリーンルームで着ている防塵服です。工場の中で誰よりも早く着られる自信があります。

社員の休日

週2回フットサルをしています。昨年は、会社のサッカー部の大会にも参加しました。

社員の一日