HOME
 >  MEMBER'S VOICE >  藤野 圭輔

現在の仕事について教えてください。

信越化学単体の決算・税務申告業務を中心に、連結決算業務並びに有価証券報告書等の開示資料の作成まで幅広く担当しております。社内においては経営管理に役立つ計数情報を提供し、また社外に対しては決算発表という形で四半期ごとに経営成績を開示したり、税金を納めるために法人税の申告業務を行うことを役割としています。それらの過程で取り扱う計数は機密性が高く、またミスや誤りは許されないため、常に細心の注意を払って日々の仕事に取り組んでいます。

あなたの忘れられない仕事、一番印象に残っている仕事は何ですか?

私は入社以来、一貫して経理に携わっていますが、入社3年目の時に米国にある塩ビ製造・販売子会社に現地の経理業務応援のために1年間長期出張する機会に恵まれました。経理のオフィスは広大な工場の敷地の一角に設けられた事務棟の中にありました。ダイナミックな製造、物流の現場を目の当たりにして、とても圧倒されたことを今でもよく覚えています。現地のスタッフやエンジニアに囲まれ、現場から提供される様々な情報を集約して経理処理し、財務諸表を作成するまでに至る過程を経験したことは、計数を通じて会社や事業を理解し、自分も事業を支える一員として当事者意識をもってサポートすることの大切さを学ばせてくれました。そして、言葉の壁にめげず、現地スタッフの中に飛び込んで仕事したことで度胸もついたと思います。

「信越化学工業の魅力」について教えてください。

私が入社する決め手になったことでもありますが、「少数精鋭」をモットーとし、幅広い仕事を任せてくれることが最大の魅力であると思います。現に私自身も海外勤務する機会に恵まれましたし、日々の仕事は厳しくも、懐は広い会社であると感じています。私自身まだまだ「精鋭」とはいきませんが、会社により貢献できるよう、目的意識をもって毎日の仕事に取り組んでいます。

PROFILE 藤野 圭輔 2005年入社 経理部 商学部

学生時代に熱中したこと

大学の友人との旅行で、写真はバリでスキューバダイビングのライセンスを取得したときに友人に水中で撮影してもらったものです。

こだわりの仕事ツール

数値を扱う仕事であるため、電卓は欠かせません。また、経理処理を会計基準に則って正確に検討・処理するために法規集は必須です。

社員の休日

多忙な決算期が終わると温泉など旅行に出かけてリフレッシュするようにしています。

社員の一日