座談会 TALK SESSION

機電系×化学=可能性

  • 信越エンジニアリング 鹿島事業所 技術課 2015年度入社
    機械工学流体力学専攻 坂井
  • 信越エンジニアリング 北関東事業所 計装課 2015年度入社
    電気電子工学専攻 根守
  • 信越エンジニアリング 新潟事業所 計装電気課 2014年度入社
    電気情報工学専攻 石塚
  • 信越半導体白河工場 設備管理課 2015年度入社
    機械工学熱力学専攻 湯本
SESSION 01

機電系出身者が活躍できるフィールド

石塚
まずは、それぞれの業務について、学生さんにわかるように説明していきましょう。
坂井
私は既設工場のメンテナンス、更新のための設計、それに伴う工事の工程管理、予算管理を担当しています。24時間稼働なので、一年に一回、操業を停止しての定期修理を実施するのですが、それに向けた設計を日々行っています。
湯本
私も白河工場で坂井君と同じような仕事をしていますね。加えて最近では「省エネ改善」にも取り組んでいます。うちの工場では大掛かりな定期修理は行わず、製造状況に合わせて、装置の入れ替えや改造をしています。半導体はクリーン度が求められるので、短いスパンでメンテナンスしていますね。
根守
群馬事業所内にある製造設備の計装設計を担当しています。プラント内の設備に付随するセンサーなどの計器を装備し、それを制御するシステムを構築しています。基本設計や既設の改造はもちろん、メンテナンスに関しては専門部隊と一緒になって取り組んでいますね。常に変化するお客様の要求に合わせ、それに対応するために設備を改造していくのですが、最近はその傾向が加速しているように思えます。
石塚
私は今、アメリカのプロジェクトに携わっていて、それに伴う見積作成や設計業務をメインで担当しています。基本的な考え方は日本の工場と同じなのですがスケールが大きくなるので、都度、検討が必要になります。本当に知らないことだらけで日々勉強ですね。海外出張も頻繁にあります。現地の施工会社との調整も必要ですし、実際に工事の監督もしなくてはならない。ジェネラルな能力が求められますね。ところで、皆はどうしてこの会社を志望したの?
坂井
インターンシップに参加していたんですよ。そこで経験した仕事が気に入ったのと、職場の雰囲気がよかったので、ここに決めましたね。化学メーカーを選んだのは、機械ではなく素材を作りたかったから。機械だと使う人が限られますからね。また、ひとつの部品や工程に特化するのではなく、幅広い業務を体験したかったのもあります。工程の最初から最後まで携われるという点に魅力を感じました。
根守
私もインターンシップを受けたんですけれど、大学三年の時からすでに信越化学に入りたいと思っていましたね。最初は総合電機メーカーを志望していたのですが、大学院進学前に会社説明会だけは終わらせておこうと、200社くらい見て回りました。そこで素材メーカーに電気系の学生が活躍するフィールドがあるということに気づき、信越化学の説明会で聞いた「我々は錬金術に手を出さない。儲けたお金を不動産に投資したりするのではなく、ものづくりの研究開発、設備に投資して真面目にモノを作って勝っていくのだ」という言葉が刺さりました。
湯本
私は、ここが化学メーカーという認識で応募したわけではないんですね。元々、パソコンやスマートフォンが好きですが、その全部に携わりたくて、特定の家電系メーカーを選ぶことができませんでした。そう考えたとき、それらの電子機器や家電のすべてに使用されているウエハーを製造するこの会社に入りたいと考えたのです。要するに半導体メーカーに入りたくて、面接のときに強烈にアピールしましたね。
石塚
私の場合、社員の方々の人柄に惹かれましたね。秋田から上京して就職活動をしていたので、どうしても会社に早く着き過ぎてしまうんですよね。手持無沙汰にしていたら、社員の方が話しかけてきてくれて、話し込んでいく中で他社とは違う“何か”を感じました。何となくですが、就活生としてではなく、一人の人間として接してもらったような気がしたのです。直感的にこの会社に入りたいと思いましたし、今でもその思いは変わりません。自分に刺激を与えてくれる人が多いので、それで自分が成長させられる良い会社だと思います。
SESSION 01

少数精鋭の組織の中で挑戦しながら成長する

石塚
皆さんが今、会社に対してどのように感じているのか、率直に意見交換をしてみましょう。
湯本
自分は3年目になって、ほぼすべての製造過程で仕事をさせてもらえたことに驚いています。一般的には“技術者は5年で一人前”みたいな風潮がある中、いきなり一年目からひとつの製造過程を任されて、どんどん新しいことにチャレンジさせてもらえたのはすごく魅力に感じましたね。工程ごとの連携が大事なので、全体を知らなければ設備の改善などできません。おかげで広い視野を持つことができましたね。
根守
私も入社2年目で、建屋を基礎から建てて、製造設備を入れて、計装を担当するという大がかりなプロジェクトを担当しました。最初は“私がやっていいのか?”と思うぐらいのレベルの仕事でしたが、先輩にアドバイスをいただきながら、何とか完成させるにいたりました。決められた工期内で完成させなければならないという緊張感の中、自分自身の意識が大きく変わりました。以降も、色々な経験をさせてもらって、今の仕事はもちろん、今後の仕事にも生きてくるのではないかと思います。
坂井
まず一番は、本当に少数精鋭なんですよ。私の場合、上司はもうシニアなので、基本的には現場でトラブルがあると、すべて自分に連絡がくる。一般的には設計業務と工事監督は別なセクションが担当しますが、うちは全部やる。現場を知ることができるので、机上の設計ではなく、現場に即した設計ができる点に魅力を感じていますし、だからこそ設計から作業をしやすい環境を作っていけると自負しています。
石塚
仕事をしていく中でどうしようもないこともあると思うのですが、そんな時先輩から「できない言い訳をするよりも、できるように考えるんだ」というお言葉をいただきました。本当に考えぬくと大抵のことには答えが出せることが多いですね。この会社はそういった信念を持った人たちに支えられている。自分もそのような信念を持ってこの会社を支える一員になれたらと思います。
坂井
石塚さんがいう通りですね。私も「誰が見てもわかる100%の図面を書くように心がけろ」って先輩に言われたことがあります。周囲との連携を図るためには重要なことですね。
湯本
半導体の場合、設計は自分たちが担当しますが、工事は信越エンジニアリングさんにお願いするので、立場的に現場の声をよく聴くんですよね。工事完了した時に「便利になった」と喜ばれることが多いので、そこにやりがいを感じているし、同時に責任感も生まれます。
根守
真面目に仕事に向かっている方が周囲に多いので、自分も“やらなければ”と、良い意味で企業風土に染まっていくんですよね。会社全体として“何としてもやらなくては”という責任感が強い人も多いので、刺激を受けています。
石塚
最後にそれぞれの目標を語って締めましょう。
湯本
自分は今、製造設備以外に、電気や空調設備といったユーティリティも担当しています。この技術は、どこの工場でも応用ができるので、最終的には海外工場に持って行って、この知識を活かしながら、よりよい工場へと更新していきたいと思っています。
坂井
我々、エンジ部門は信越化学と密接に関わっていますが、製造部門からの依頼をただこなすのではなく、製造フローをすべて理解したうえで施工ができる技術者になりたいと思っています。先輩方がみんなそうなんですよ。だから良い伝統を壊さないようにしながら、さらにプラスαを加えていきたいですね。
根守
まずは担当している範疇において、先輩社員に頼らずにひとりで仕事を完全に回しきるところまで、あと2~3年のうちにはもっていきたい。そして坂井君と同様、ただ依頼に沿って設計するのではなく、プロセス改善に能動的に関与していけるようなエンジニアになりたいですね。
石塚
大きな仕事になればなるほど一人ではできないので、誰かの協力が必要なのですが、自分に知識がなければ指示が出せませんよね。今の段階では、自分の技術者としてのカタチを成長させていって、最終的にはどんな大きなジョブであろうと適切に人をアサインして達成できるようになりたいですね。