HOME
 >  信越化学のビジネス >  電子・機能材料事業

電子・機能材料事業

時代のニーズを先取りし、新しい価値創造につながる素材を生みだしていくこと。それが電子・機能材料事業のミッションです。例えば合成石英や液状フッ素エラストマーは世界で初めて量産化に成功。また、高純度窒素ホウ素(PBN)は、初の国産化を実現しています。その他にもハードディスクドライブ(HDD)の磁気ヘッド素材として不可欠な電子産業用レア・アースマグネット、家電やクルマのモーターに使われる一般産業用レア・アースマグネット、さらにはフォトレジスト、酸化物単結晶、光ファイバーコート材、LED用リフレクター、高純度有機金属化合物など多種多彩な機能材料を次々と開発提供しています。

ここにもあった!シンエツの化学
  • レア・アースマグネット

    ハードディスクドライブの磁気ヘッド、CD-ROMドライブの光ピックアップ部、ヘッドフォンステレオのイヤホン部、風力発電用モーター、電気自動車モーターなど、レア・アースマグネットの活躍分野は多種多彩。

  • 合成石英

    光ファイバーをはじめ、LSI用フォトマスク基板やステッパー用レンズ、液晶表示パネル(LCD)用の大型フォトマスク基板などに利用され、高度情報化社会の発展を支えています。

  • フォトレジスト

    半導体回路の書き込みに使用される感光材料としてのエキシマレーザー用フォトレジストなど、半導体デバイス製造のリソグラフィー工程に欠かせない主要材料を提供しています。