Shinetsu“素材”なら世界のブランド、シンエツ。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
言語
  • 日本語
  • ENGLISH
  • 中文
サイトマップ
TOP > 製品情報 > 電子材料事業本部

電子材料事業本部

マグネット部

取り扱い製品
ネオジム・鉄・ボロン磁石、サマリウム・コバルト磁石、セリウム・コバルト磁石、磁石応用製品
レア・アース酸化物、レア・アース化合物、レア・アースメタル、その他レア・アース応用製品
お問い合わせ先
レア・アースマグネット 電話:03-3246-5246 FAX:03-3246-5367
レア・アース/レア・アース化合物 電話:03-3246-5252 FAX:03-3246-5367

 

詳細は製品サイトをご覧ください

レア・アース
レア・アースはランタノイド族にイットリウムとスカンジウムを加えた17種類の元素の総称です。
信越化学では、高度な分離・精製技術で高純度の各種レア・アースを抽出、製品化しています。レア・アースは、ブラウン管や照明などの蛍光体用途のほか、セラミック焼結助剤などに利用され、その性能向上に貢献しています。また、多くの電子部品や自動車のセンサー、MO、MDなどの光磁気ディスク、高性能触媒、燃料電池などにも用いられ、今後もハイテク分野を中心に幅広い範囲での利用が期待されています。

詳細は製品サイトをご覧ください

レア・アースは、MOやMDなどの光磁気ディスクの記録材料としても使用されています。
プラズマディスプレイの蛍光体にレア・アースが活用され、発色性の向上に貢献しています。
レア・アースは、発光材料として競技場の大型照明から家庭やオフィスで使われる蛍光灯まで、幅広く使用されています。


一般産業用レア・アースマグネット
角型、リング型、シリンダー型 など各種レア・アースマグネット
信越化学は、ネオジム系、サマリウム系、セリウム系と全てのレア・アースマグネットを原料のレア・アースから一貫生産し、高く評価されています。その応用範囲は、ヘッドホンステレオから自動車のセンサーやアクチュエーター、ハイブリッドカーのモーターなど、幅広い分野にわたっています。さらに、独自製法である粒界拡散合金法の採用により、高特性・高品質のレア・アースマグネットを供給しています。

レア・アースマグネットはヘッドホンステレオのイヤホン部に使われ、その小型・軽量化を実現しました。
レア・アースマグネットは風力発電用モーターにも応用され、省エネルギーや環境対策に役立っています。

電子産業用レア・アースマグネット
レア・アースマグネットは、パソコン本体に内蔵されているハードディスクドライブ(HDD)で読み書きを行う磁気ヘッドの駆動用として不可欠な素材です。フェライト系磁石の約10倍の磁力を持つ高性能永久磁石で、HDDのほか、光ピックアップなど電子・磁気部品の小型・軽量化、高特性化、省エネ化に貢献しています。信越化学では、原料となるレア・アースの分離・精製から加工、磁気回路の組み立てまで一貫して生産。これらのメリットを生かし、製品の安定供給、用途や目的に合わせたスピーディーな製品開発、徹底した品質管理で、お客様のニーズにお応えしています。

コンピューターやデジタル家電のHDDに使われるレア・アースマグネット。
CD‐ROMドライブの光ピックアップ部にも、レア・アースマグネットが採用されています。
情報化社会の主役として欠かせないパソコン。信越化学の製品と技術は、ICやHDDなどに生かされています。

有機材料部

取り扱い製品
半導体封止用樹脂エポキシ/シリコーンモールディングコンパウンド)、ジャンクション・コーティング・レジン、光ファイバコーティング用シリコーン、高純度シラン(ジクロロシラン、トリクロロシラン、四塩化ケイ素等、KAシリーズ)
お問い合わせ先
電話:03-3246-5231 FAX:03-3246-5367

 

エポキシモールディングコンパウンド

半導体デバイスの封止材は、より薄く、小さくという要望からCSP化、SIP化が進んでいます。信越化学は、各種シリコーンの開発を通して培った高度な技術を背景にした、新しい難燃システムによるエポキシモールディングコンパウンド液状エポキシ封止材を開発。時代のニーズに対応しています。

半導体・LED用コーティングレジン

コーティングレジンは、半導体素子および電子部品の電気的、機械的保護に利用され、信頼性の向上に貢献しています。


光ファイバーコーティング材

断面直径が125μmと極めて細い光ファイバー。この細微な光ファイバーの表面をコートするのが、光ファイバーコーティング材です。光ファイバーコーティング材は、表面を保護するとともに強度の向上にも貢献しています。


光ファイバーコーティング材は光ファイバーを保護し、現代社会の生命線とも言える情報インフラの信頼性を守っています。