Shinetsu“素材”なら世界のブランド、シンエツ。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
言語
  • 日本語
  • ENGLISH
  • 中文
サイトマップ
信越化学、セルロース事業に日欧で積極投資

2017.10.19

信越化学、セルロース事業に日欧で積極投資

信越化学工業(本社:東京、社長:斉藤恭彦)は、セルロース誘導体(以下、「セルロース」)事業の強化のために200億円の設備投資を行なう。

 

今回の投資は、直江津工場(新潟県上越市)と欧州の子会社SE Tylose GmbH & Co. KG(ドイツ、以下「SEタイローズ」)の両拠点で実施する。両拠点とも2019年半ばの完了を目指す。信越化学は品揃えを拡充することで幅広く需要を取り込み、セルロース事業の更なる成長を目指す。

 

【信越化学グループのセルロース事業】

信越化学は、1962年から直江津工場でセルロースの生産を開始。その後も生産能力を拡大するとともに、2003年には、Clariant AGから、同社のセルロース事業(現在のSEタイローズ)を買収し事業を拡大してきた。2016年には米国ルイジアナ州においても、セルロースの一品種であるヒドロキシエチルセルロースの生産を開始。現在、日欧米の3拠点体制でセルロース製品を世界の顧客に供給している。

 

【セルロース製品】

セルロースはパルプを主原料とする水溶性高分子で、建材用、医薬用を主要用途に、食品、自動車、トイレタリー、土木など幅広い用途分野をもつ。

以 上

 

この件に関するお問い合わせは
信越化学工業株式会社 広報部 小石川
TEL: 03-3246-5091 FAX: 03-3246-5096
e-mail:sec-pr@shinetsu.jpまでお願いいたします。