Shinetsu“素材”なら世界のブランド、シンエツ。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
言語
  • 日本語
  • ENGLISH
  • 中文
サイトマップ

光学材料

天然および合成の石英をもとに、光通信用の合成石英プリフォームや各種光部品など、多彩な光学材料を開発。素材から加工品まで、幅広く供給しています。

 

光学材料

 

光ファイバー用合成石英プリフォーム
ケイ素化学事業を特長とする信越化学の製品群のひとつ。高純度の合成石英をベースにしたガラス状のロッドで、その中の構造は、入射光がどこまでも減衰することなく通るように精密にデザインされています。信越化学は、茨城県の鹿島に新工場を建設し、2001年10月から操業を開始。これにより従来の2倍の生産能力になり、より安定した供給体制を確立しました。

特長
  • 高度で複雑な製造プロセスを信頼性の高い品質管理とコンピューターテクノロジーによって実現し、安定した高品質を達成しています。
  • いち早く大型化に取り組み、直径φ160mm×長さ1,500mmのプリフォームの量産技術を確立しています。

 

用途
  • 光通信用、イメージガイド用、レーザー伝送用ファイバー

 

お問い合わせ先 : 精密材料事業部 営業第一部
TEL 03-3246-5222
光ファイバー用合成石英ガラス
お客様のニーズやプリフォームの設計に合わせて、さまざまなサイズの石英管をご用意できます。

特長
  • 光透過性が良い
  • 伝送損失が小さい

 

用途
  • MCVD(内付け気相成長)法およびPCVD(プラズマ気相成長)法の光ファイバー製造工程でのサブストレート管
  • クラッド部をジャケット法(Sleeving法)で製造する際のジャケット管

 

お問い合わせ先 : 信越石英株式会社
TEL 03-3348-1916
https://www.sqp.co.jp/
光学用石英ガラス
信越石英では、ヘレウス社から導入した光学用石英ガラス製造技術と、信越グループの卓越した合成技術を活かして、高純度・高品質の光学用合成石英ガラスを提供しています。

主な特長
  • 紫外領域における高い透過性と優れたレーザー耐性
  • 近赤外領域における低吸収化
  • 屈折率の均質性に代表される物性の優れた均一特性
  • 超高純度、低熱膨張、高耐熱性、化学的安定性など

 

主な用途
  • 半導体及びFPD、プリント基板の製造プロセス向け露光装置用レンズ材
  • レンズ、ミラー、プリズムやウィンドウなど各種光学素子向け材料

 

お問い合わせ先 : 信越石英株式会社
TEL 03-3348-1916
https://www.sqp.co.jp/
ランプ用石英ガラス
信越石英では、ランプ用石英ガラス管として、天然石英ガラス、オゾンレス石英ガラスから真空紫外域での使用に適した合成石英ガラスや高純度の低アルカリ天然石英ガラスまで、幅広くラインアップしており、用途により最適な材料をお選びいただけます。

特長
  • 独自のツールフリー法で製造するため、管の内外面が平滑で欠陥がありません。
  • 独自の製法により、ランプに最適なサイズを提供できます。小ロット、短納期にも対応します。

 

用途
  • 医療や食品分野などの殺菌用・検査用光源ランプ
  • 各種照明・映像光源ランプ
  • 半導体・FPD製造プロセスの露光装置用光源、洗浄用ランプ

 

お問い合わせ先 : 信越石英株式会社
TEL 03-3348-1916
https://www.sqp.co.jp/
光ファイバーコート材
光ファイバー(石英ガラス)の中を反射しながら進む光情報のマイクロベンディングによる損失増加を防止し、伝送特性を向上させるとともに、ファイバーへの側圧など機械的応力に対する保護機能を持つコーティング材です。

特長
  • 液状シリコーンゴムを素材とし、耐熱性、耐寒性に優れ、広い温度範囲にわたって安定した性能を発揮します。

 

ラインアップ
  • プライマリー用、バッファー用、ポリマークラッド用。
  • 硬化方式では、加熱タイプのほか、高速線引きに対応するUV硬化タイプも取り揃えています。

 

お問い合わせ先 : 電子材料事業本部 有機材料部
TEL 03-3246-5231
光ネットワーク用高透明コート材
Opticlearシリーズは、信越化学独自の技術により、光ネットワークを構成する各種部品、モジュールの光接合部の保護・コート用、あるいは光導波路用の高透明・高屈折率材料として開発された製品です。

特長
  • 透明性、耐熱性に優れています。
  • 屈折率を広範囲かつ高精度に調節できます。

 

用途
  • 光接合部の屈折率マッチング・保護・コート用
  • 光デバイスの光導波路材料

 

お問い合わせ先 : 電子材料事業本部 有機材料部
TEL 03-3246-5231
光アイソレータ
キーコンポーネントを信越化学の自社製品で構成した、信頼性の高い光受動部品です。光通信の光源であるレーザーモジュールや、光ファイバーのジョイント部などに使用され、安定した高速通信を支えています。

特長
  • 超小型、高信頼性を誇ります。
  • 信越化学の酸化物単結晶育成技術によるファラディー回転子を使用しています。
  • マグネットには、信越化学のSm-Co磁石を使用しています。
  • ラインアップは1.31μm、1.48μm、1.55μm対応。シングルタイプとダブルタイプがあります。

 

用途
  • 光ファイバーネットワーク(中継系、CATV)で使用されるDFBレーザーモジュールに組み込み、反射光をカット。

 

お問い合わせ先 : 新規製品部
TEL 03-3246-5345