Shinetsu“素材”なら世界のブランド、シンエツ。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
言語
  • 日本語
  • ENGLISH
  • 中文
サイトマップ
TOP > 信越グループ マテリアルガイド > 自動車関連材料 > 自動車・輸送機に使われる信越グループの主な材料

自動車関連材料

自動車技術の進化のカギを握るシンエツマテリアル

 

信越グループは、化学製品から電子材料、さらには各種機能性材料など、これまでにさまざまな素材を生み出してきました。塩化ビニル樹脂やシリコンウエハーの生産量は世界最大。シリコーン、合成石英、セルロース誘導体、レア・アースマグネットなどの製品も世界トップクラスのメーカーとして、多様なニーズにお応えしています。

また、信越ポリマーでは、シリコーンや塩化ビニル樹脂を加工した製品、日信化学工業では変性塩ビ樹脂や各種合成樹脂エマルジョンなどの機能性樹脂を取り扱っています。

信越グループの製品は多種多様で、多彩な特性を持ち、安全性、信頼性の向上、小型・軽量化、環境対策など、自動車技術の進化のカギを握る製品として期待されています。




自動車・輸送機に使われる信越グループの主な材料

信越化学工業
●塩化ビニル樹脂(塩ビ)

塩化ビニル樹脂は、汎用樹脂の中で環境負荷の値が小さく、環境評価上でも優れた材料で、生活用品から産業用資材にまで幅広く利用されています。

塩ビは、難燃性、電気絶縁性、耐久性など優れた機能を持つことから、自動車用途にも多く使用されています。また、マテリアルリサイクルが容易という特長を持っており、省資源の観点からも注目されています。

* 塩ビについて正しいご理解をいただくために、塩ビ工業・環境協会のホームページをご覧ください。
http://www.vec.gr.jp

●シリコーン

シリコーンは、無機と有機の特性を兼ね備え、耐熱性、耐寒性、耐候性、撥水性、消泡性、接着性、離型性、電気絶縁性など、数多くの性質を併せ持った高機能樹脂です。

形状もオイルやレジン、ゴム、液状ゴム、シランと多様で、自動車用途にも多く使用されています。


●セルロース誘導体

セルロース誘導体は、天然の高分子からつくられる自然にやさしい素材です。

各種製品のバインダーや増粘剤など、さまざまな用途に使用され、自動車部品では排ガス浄化用ハニカムやディーゼルパティキュレートフィルター(DPF)をはじめ、セラミックス部材の成型バインダーとして使用されています。

●液状フッ素エラストマー「SHIN-ETSU SIFEL」

SHIN-ETSU SIFELは、シリコーンの付加反応技術を応用し、加熱すると硬化してゴム弾性体になるまったく新しいフッ素エラストマーです。

従来品をはるかに超える耐寒性、耐油性、耐溶剤性、耐薬品性などの優れた機能と加工性を兼ね備え、電子部品の接着シール、コーティング、ポッティングなど、幅広い用途に使用できます。


●レア・アース

信越化学は長年蓄積した独自のプロセス技術により、レア・アース酸化物の高純度化、粒径や粒形の制御に成功、製品ラインアップの充実を図っています。

レア・アースは、自動車のさまざまな用途に使われ、燃費の向上、環境対策などに貢献しています。


●レア・アースマグネット

レア・アースを主原料にした高性能永久磁石です。レア・アース元素の分離、精製から磁石の製造まで一貫体制で生産し、各種磁石の供給とともに、磁気回路の応用、開発もサポートしています。自動車部品の電動化、小型・軽量化、高出力化などのニーズに応える製品として、期待されています。

信越半導体
●シリコンウエハー

シリコンウエハーはカーエレクトロニクス化に伴い、その使用量が増えています。

信越半導体では、世界最大のシリコンウエハーメーカーとして、世界に先駆けて最先端の300ミリシリコンウエハーの量産を開始し、市場への安定供給体制を確立しました。また、SOIウエハーや特殊ウエハーなど、豊富な製品をラインアップしています。

●化合物半導体

化合物半導体は、発光ダイオード(LED)やレーザーといった発光素子材料として使われています。

GaP(ガリウムリン)、GaAs(ガリウムヒ素)、AlGaInP (アルミニウムガリウムインジウムリン)系化合物半導体の単結晶からチップまでを一貫生産しています。

日信化学工業
●塩化ビニル系エマルジョン

当社が特殊な重合技術により、世界に先駆けて開発した画期的なエマルジョン製品です。塩化ビニルの特長を生かしたユニークな製品で、塩化ビニル製品をはじめ接着対象が広く、高周波ウエルダー性に優れ、難燃性であることなどから、接着剤、コーティング剤の用途で、高い評価を得ています。


●アクリル酸エステル系エマルジョン(ノンハロゲン型難燃加工剤)

アクリル酸エステル系エマルジョンにノンハロゲン系難燃剤を配合し、難燃性を付与したものです。

各種難燃加工(コーティング、ディッピング)が可能で、良好な難燃性が得られます。

難燃剤にハロゲンを含まないため、燃焼時にダイオキシン類を発生しません(ヨーロッパ環境規制に対応)。

また、ノンホルマリン・環境ホルモン対応のため、環境対応型製品の生産が可能で、カーシートなどの自動車用途にも使われています。

●シリコーン・アクリル共重合樹脂

シリコーンの優れた表面特性と、アクリルのほかの樹脂との良好な相溶性を合わせ持つシリコーン変性アクリル樹脂をパウダー化したものです。

塩化ビニル樹脂やEPDM、その他の合成樹脂との相溶性に優れ、表面に配位したシリコーン成分により、摺動性、耐ブロッキング性を樹脂表面に付与し、耐摩耗性、振動音・異音の抑制などに効果を発揮します。


●ホットメルト接着剤

常温で固形状をした接着剤で、アプリケーターにより加熱・溶融し、塗布します。

塗布後、数秒で固化・接着するため、高速、生産性の向上を要求する分野に使われ、自動車分野でも使用されています。

信越ポリマー
●入力デバイス(ラバーコンタクト)

信越ポリマーは、キーパッドのパイオニアとして複合技術や成形技術を駆使して操作性や機能性を高めた製品を開発し、現在もトップシェアを維持しています。

近年、自動車用途に採用が増えています。


●インターコネクター

信越ポリマーのゴムコネクターは世界のトップシェアを占め、エレクトロニクス部品の小型化、薄型化のニーズに応えています。

また、金属コネクターなど、高機能製品もラインアップしています。


●ビューコントロールフィルム(VCF)

VCFは、夜間の窓ガラスへの映り込みや昼間の太陽光の入射をさえぎり、ディスプレイのコントラストを向上させます。

●加飾フィルム(ミレティンフィルム)

独自の鏡面加工技術であるLCS
※生産システムにより積層加工された、インサート成形用加飾フィルムです。

高級感のある加飾部品を塗装レスで生産することができます。


●成形材料(EXELAST:オレフィン系および塩ビ系コンパウンド)

オレフィン・塩化ビニル樹脂を使った高機能な成形材料で、自動車のさまざまな部品に使われています。

特に、高い機能を求められる部材のソリューション材料として、他社にないその優れた機能から、非常に高い評価を得ています。