「製品」で見る
信越化学の歩み

私たちの製品は、社会のニーズとともに。

1926(大正15)年、当社は肥料メーカー「信越窒素肥料株式会社」として新潟県(直江津)で発足。「信濃の水」と「越後の石灰石」の二つの自然の恵みから、化学肥料である石灰窒素の製造を始めました。

その後、事業の拡大を目指し「信越化学工業株式会社」へ社名を変更。世界のインフラ整備からAI、IoTにいたるまで、時代に欠かせない製品を送り出しています。

1926

信越窒素肥料として発足

1940

信越化学工業へ社名変更

1949

東京証券取引所に上場

1953

シリコーン

日本で初めてシリコーンを事業化。
5,000種を超える製品で国内のトップシェア。

1957

塩化ビニル樹脂

米国のシンテック社を中心に、日本、欧州でも操業。
世界トップの地位を確立。

1959

塩酢樹脂

詳細

1960

半導体シリコン

半導体デバイスの基幹材料であるシリコンウエハー。
世界トップメーカとして社会に貢献。

1960

ポバール

詳細

1962

セルロース

詳細

1967

レア・アース

詳細

1976

レア・アースマグネット

詳細

1977

封止材(エポキシ・モールディングコンパウンド)

詳細

1979

合成石英基板

詳細

1979

ウエハーケース

詳細

1980

合成性フェロモン

詳細

1987

光ファイバー用プリフォーム

詳細

1996

金属珪素

詳細

1997

フォトレジスト

詳細

1998

ペリクル

詳細

1999

液状フッ素エラストマー

詳細

2009

マスクブランクス

詳細
沿革
» 組織の歴史はこちら » 製品・研究開発の歴史はこちら