Shinetsu“素材”なら世界のブランド、シンエツ。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
言語
  • 日本語
  • ENGLISH
  • 中文
サイトマップ
TOP > CSR > スペシャルコンテンツ2:環境に貢献する信越グループの製品と技術

スペシャルコンテンツ2:環境に貢献する信越化学グループの製品と技術

信越化学グループは、製品の製造段階での環境負荷の低減に取り組むだけでなく、製品の使用段階で環境負荷の低減や省エネルギー、省資源にどのくらい貢献できるかも重視し、開発を行っています。その製品は、工業、生活、再生可能エネルギーなどの、幅広い分野で使われています。

 

シリコーン

当社グループが生産するシリコーンは5,000を超える製品があり、家庭用品や自動車、建築、太陽電池など、生活の身近なところでさまざまな形で使われています。そして、それぞれの用途で温室効果ガスの削減に貢献しています。

2012年に世界のシリコーン工業界と共同でシリコーンの市場全体について、シリコーンの温室効果ガス排出量とその利用による温室効果ガス削減効果を、シリコーンの代替品または代替方法と比較して調査しました。その結果、シリコーンの使用によって、シリコーンそのものの製造と廃棄処理から排出される温室効果ガスの9倍もの排出削減の効果*1を生み出していることが分かりました。また、ヨーロッパ、北アメリカ、日本でシリコーン製品が使用されることにより、年間5,400万CO2-トンの温室効果ガスを削減*2することが可能なことも分かりました。

自動車、建築、太陽電池の3用途で使用されているシリコーンは、シリコーン全体の温室効果ガス排出削減の中で大きな比率を占めています。シリコーンは、持続可能性の向上に大きく貢献しています。

 

*1 温室効果ガス削減効果
*2 温室効果ガス削減効果の事例

 

温室効果ガス削減効果のある分野と主な用途

  • 出典:シリコーン工業会「シリコーンのカーボンバランス」

塩化ビニル樹脂

塩化ビニル樹脂(塩ビ)は、重量比でみると地球に豊富にある塩約6割と石油約4割を原料とする、石油資源への依存度が低い汎用樹脂です。製造時の環境負荷も低く、製造工程のエネルギー消費量は他の汎用樹脂の約6割です。耐久性が高く、リサイクルも容易なことから、塩ビを使用した樹脂窓や上下水道用の塩ビ管など、建築材料としても広く使われています。

樹脂窓は断熱性、結露防止などに優れていることから、欧米の先進国では主流となっているほか、中国でも急速に普及しています。日本でも寒冷地を中心として普及しています。また、塩ビ管はダクタイル鋳鉄管*1よりもライフサイクル二酸化炭素排出量*2が少なく、地球温暖化防止に貢献しています。

*1
ダクタイル鋳鉄管
球状の黒鉛と地鉄で製造された管。
*2
ライフサイクル二酸化炭素排出量
製品の原料採取から製造、使用、廃棄やリサイクルの過程における二酸化炭素の総排出量。
 
 
出典:日本化学工業協会「国内および世界における化学製品のライフサイクル評価」第3版
塩ビ工業・環境協会ウェブサイト「樹脂窓と暮らそう」

 

レア・アースマグネット

レア・アースマグネットは従来のフェライト磁石の約10倍の磁力があるため、小型でも強い磁力を発揮できます。この特性を生かして、ハイブリッドカーや電気自動車のモーターや、省エネルギータイプのエアコンのコンプレッサーモーターなどの小型化、軽量化、高出力化に貢献しています。

例えば、エアコンのコンプレッサーモーターにレア・アースマグネットを使用することで、エネルギー消費効率を5~10%改善することが可能になりました。このことにより消費電力量も削減できるため、二酸化炭素排出量の削減にも寄与しています。さらに、レア・アースマグネットは風力発電機のモーターに使われることにより、再生可能エネルギー分野にも貢献しています。