Shinetsu“素材”なら世界のブランド、シンエツ。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
言語
  • 日本語
  • ENGLISH
  • 中文
サイトマップ
TOP > CSR > このサイトについて

このサイトについて

編集方針

信越化学グループでは、2000年から「環境報告書」を発行しました。2004年からは、内容を企業の社会的責任全般に拡充した「環境・社会報告書」に、さらに2016年からはタイトルを「CSRレポート」とし、継続して発行してきました。

なお、本報告書は、レスポンシブル・ケア活動*1の報告も兼ねています。

 

参考にしたガイドラインなど

  • GRI「 サステナビリティ・レポーティング・ガイドライン第4版」
  • 環境省「環境報告書ガイドライン2012年度版」
  • 環境省「環境会計ガイドライン2005年版」
  • グローバル・コンパクトの10原則
  • 国連世界人権宣言
  • 国連ビジネスと人権に関する指導原則

 

報告対象期間(対象期間が異なる場合は個別に注記します)

  • 国内 2016年4月1日〜2017年3月31日
  • 海外 2016年1月1日〜2016年12月31日

 

報告書対象組織

信越化学工業(株)(以下、当社)と当社グループ会社148社を対象としています。データ収集範囲は原則として下記の通りです。ただし、報告対象が異なる項目については、個別に注記しています。

 

①環境活動報告

  • 当社グループ 124社の拠点を集計しています。
  • 国内生産事業所 66拠点
  • 国内非生産事業所 122拠点
  • 海外生産事業所 47拠点
  • 海外非生産事業所 61拠点

 

②環境会計

信越化学

 

③その他

信越ポリマーグループ*2を除く当社グループ会社

 

④ESGデータ集

信越ポリマーグループを含む連結会社

 

発行情報

発行:2017年6月(前回発行2016年6月)
次回発行予定:2018年6月

 

加盟団体

(一社)日本経済団体連合会
(一社)日本化学工業協会
塩ビ工業・環境協会
(一社)プラスチック循環利用協会
FEC・民間外交推進協会
(公財)日本ユニセフ協会
(一社)グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワーク
ミレニアム・プロミス・ジャパン など

 

*1
レスポンシブル・ケア活動
化学物質を扱うそれぞれの企業が化学物質の開発から製造、物流、使用、最終消費を経て廃棄・リサイクルに至る全ての過程において、自主的に「環境・安全・健康」を確保し、活動の成果を公表し、社会との対話・コミュニケーションを行う活動。
*2
信越ポリマーグループ
信越ポリマーグループの報告については、「信越ポリマーグループサステナビリティレポート2017」(2017年9月末発行予定)をご参照ください。

 

MS-SCIMS-SRI