Shinetsu“素材”なら世界のブランド、シンエツ。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
言語
  • 日本語
  • ENGLISH
  • 中文
サイトマップ

TOP > CSR > CSRマネジメント > 社会 > グループ会社

地域社会とのコミュニケーション 工場・グループ会社の取り組み
グループ会社

環境・安全対策

信越グループでは地域の皆さまの安全を確保し、従業員が日々安全に働ける環境を整備することを企業としての責務と考え、安全確保と環境保全は切り離すことができない事業運営上の最優先事項として、企業活動の基本方針としています。

 

総合防災訓練の実施(信越半導体 白河工場)

信越半導体 白河工場では、毎年、工場総合防災訓練を行っています。2011 年秋に行った訓練では、同年3 月の東日本大震災での被災を受け、「震度5 強、150 ガルの地震発生」を想定し、迅速な避難、人員確認、早期復旧に向けた職場点検に重点をおいた訓練を行いました。


 

環境保安監査の実施(国内グループ会社)

信越グループでは環境保安活動の向上を目指して、毎年1回、総合環境保安監査を実施しています。2010年は、信越化学の4事業所の他、日信化学㈱、日本酢ビ・ポバール㈱、信濃電気製錬㈱など国内の主な生産子会社7社を監査対象としました。


 

消防訓練の実施<シレス社(ポルトガル)>

シレス社では定期的に、周辺の町の消防隊や地域住民を含めた消防訓練を実施しています。2010 年3 月の訓練では、製品倉庫付近の配管架構での可燃性ガスの漏えいや着火を想定して実施されました。


 

消防訓練の実施<シンエツ・マレーシア社(マレーシア)>

シンエツ・マレーシア社では地域の消防隊と共同で消防訓練を実施し、消火器の取り扱いの訓練や、緊急時避難計画に基づいた避難訓練などを行いました。


 

地域貢献活動

信越グループは、事業活動を通じて世界中のお客さまにご満足していただくという使命とともに、地域の皆さまとの相互理解を深めるよう、地域交流や地域貢献を進めています。

 

献血活動(信越半導体 白河工場)

信越半導体 白河工場では毎年2回、社会貢献の一環として献血活動を行っています。工場に日本赤十字社の献血車が来場し、従業員は休憩時間や仕事の合間に献血に参加しています。


 

清掃活動(直江津電子工業)

直江津電子工業では毎年6月を環境月間として、会社周辺のごみ拾いなどを行っています。


 

隣人の日活動<シンテック社(アメリカ)>

シンテック社の従業員は、アメリカの代表的な慈善福祉団体であるユナイテッド・ウェイが主催する「隣人の日」活動に参加しました。ユナイテッド・ウェイはこの活動によって、地域の美化と改善を通じて人々の生活の向上させることに貢献しています。


 

地域の安全教育プログラムに参加 <シンエツ シリコーンズ タイランド社、アジア シリコーン モノマー社(タイ)>

2015年6月にシンエツ シリコーンズ タイランド社とアジア シリコーン モノマー社は、AIE-CSR*による近隣の学校を対象とした安全教育プログラムに参加しました。両社は参加した児童に、「安全に電気を利用する方法」というテーマで、電気の基本的な知識や電気製品を安全に使用する方法、感電時の対応などについての授業を行いました。

AIE-CSR
両社が立地する工業団地内の企業11社で構成される、CSR作業部会。

 

化学技術を専攻する学生の支援<SE タイローズ社(ドイツ)>

SE タイローズ社では、長年、自然科学に関心を持つ学生の支援を行っています。近隣の化学技術の専門学校の学生に対して同社を訪問する機会を設けたり、同社が使用していた分析機器の寄贈などを行っています。


 

園芸療法への協力<シムコア・オペレーションズ社(オーストラリア)>

シムコア・オペレーションズ社では、園芸療法によって精神疾患から回復中の患者の社会復帰を支援する地域の団体に協力し、同社敷地の植栽の手入れをする機会を提供しています。