Shinetsu“素材”なら世界のブランド、シンエツ。

文字サイズ
  • 大
  • 中
  • 小
言語
  • 日本語
  • ENGLISH
  • 中文
サイトマップ
TOP > 会社案内 > 研究開発

研究開発

研究開発体制

あなたの夢を現実のものにする独創的な発想。それが、私たちの総合力の源泉です。

新たなるチャレンジなしに会社が成長していくことはできません。

信越化学は、研究開発力を未来を切り拓く重要な"資産"として位置づけています。

そして、「お客様は今、何を必要としているのか」、 「市場では何が求められているのか」という問いかけのもと、時代のニーズを満たす研究開発や既存製品の品質・生産性向上のための研究に積極的に取り組んでいます。

 

営業―開発―製造。三位一体のモノづくり。

信越化学の研究開発は、お客様のニーズに密着したカタチで進められます。これを可能にしているのが、営業、開発、製造が三位一体となった、独自の研究開発体制です。営業活動を通して得られた市場ニーズは開発部門に伝えられ、研究テーマが設定されます。開発部門はテーマに沿って素材の開発を進めると同時に、製造部門との緊密な連携のもと、工場設備を利用して量産化へ向けての実践的な研究開発を行います。これを効率的に行うために、信越化学ではすべてのR&D拠点が工場敷地内にあり、各事業や製造部門と密接に結びついています。

 

独自性のある素材開発で、新たな価値を創造。

私たちは、研究開発にあたって、独自の方向性をもってテーマを絞り込んでいます。それは、第一にそのテーマが次世代のニーズに対応していること、そしてそれがまだ誰もが手をつけていない独自性を持っていることです。こうして厳選された開発テーマのいくつかは「世界初」の素材として結実し、ユニークな特性と優れた機能で各産業分野が抱えていた問題点を解決し、飛躍的な革新をもたらしてきました。そこにニーズがある限り、私たちの新素材への挑戦は続きます。

製品・研究開発の歴史と学会受賞

製品・研究開発 年度 受 賞 名 テーマ
直江津工場でカーバイド、
石灰窒素の製造開始
1927    
金属ケイ素の製造開始 1939    
シリコーンの工業生産開始 1953 デミング賞実施賞  
塩化ビニル樹脂、か性ソーダ、塩素の製造開始 1957    
クロロメタンの製造開始 1959    
高純度シリコンの製造開始
シリコーンRTVゴムの開発
1960    
セルロース誘導体の製造開始 1962    
左官用メトローズの開発 1963    
胃溶性コーティング剤(TC-5)の開発 1965    
シランカップリング剤の開発 1966    
イットリウムなど高純度レア・アースの製造開始 1967    
レア・アースマグネットを開発
HPMCPの製造開始
1972    
エポキシ・モールディングコンパウンドの開発 1973    
  1975 発明協会・経団連会長賞 塩ビ懸濁重合のノンスケール技術
合成香料アルファイロンを企業化 1976    
合成香料青葉アルコールの開発
L-HPCを企業化
1977    
ICマスク用合成石英基板の製造開始 1979    
合成性フェロモンを開発 1980 大河内記念生産賞 医薬用フィルムコーティング剤の開発と工業化
科学技術庁・長官賞 連続低温プラズマ表面処理技術
窒化ケイ素を開発
鋳鉄用ワイヤー接種剤の開発
1981 日本化学工業協会・技術賞 塩ビ製造の大型重合技術
ジクロロシランの生産を開始 1982 発明協会・発明賞 脱アセトンタイプ-液型RTVゴムの開発
リチウム・タンタレート(LT)を開発 1984    
超高純度窒化ホウ素(PBN)の成形品を開発
塩ビシュリンクフィルムの開発
1985 発明協会・発明賞 シリコーン変性EPゴムの開発
フレキシブル・プリント回路用材料の開発 1986 日経・年間優秀製品賞・最優秀賞 合成性フェロモン「ハマキコン」の開発
科学技術庁・長官賞 脱アセトンタイプ-液型RTVゴムの開発
  1990 日本ケイ素光化学会・技術賞 放射線硬化型はく離紙用シリコーンの開発
超小型光アイソレータを開発 1991 通産大臣発明賞・発明実施功績賞 エポキシ樹脂の低応力化技術の発明
  1992 日本農芸化学会・技術賞 合成性フェロモンによる害虫防除の開発
科学技術庁・長官賞 付加反応型はく離紙用シリコーンの開発
光ファイバー用プリフォーム本格製造開始 1993 中日産業技術賞・中日新聞社賞 酸素透過性コンタクトレンズの開発※
(※株式会社メニコン様との共同受賞)
フォトマスク防塵用カバー、ペリクルを開発 1994    
  1997 日本化学工業協会・技術賞 合成性フェロモンの開発
粉体工業会粒子設計シンポジウム・奨励賞 生産機を用いた腸溶性乾式コーティング
セルロース学会・技術賞 高誘電ポリマーの開発と工業化
フォトレジストの企業化 1998    
液状フッ素エラストマーの開発 1999 セルロース学会・技術賞 ゼロアスベスト押し出し建材用バインダーの開発
ケイ素化学協会・技術賞 高機能性液状エポキシ樹脂の開発
光通信用部品事業に参入 2000 農林水産大臣賞 害虫性フェロモンの大量合成法と長期間有効な交信
攪乱剤の開発
300mmシリコンウェハーの商業生産開始 2001 ケイ素化学協会・技術賞 導電性粉体の開発と導電性シリコーンゴムへの応用
米国化学学会「ベストペーパー・アワード」 液状フッ素エラストマーの開発
  2003 ケイ素化学協会・技術賞 液状シリコーンゴムとプラスチックの接着
ネオジム系希土類磁石の
新高性能化技術を開発
2005    
RoHS規制対応光アイソレータを開発
凸版印刷と最先端フォトマスクブランクスを
共同開発
2007    
世界最大級の永久磁石式磁気回路を開発 2008 発明協会・発明賞 CPU用硬化型放熱グリース
高輝度LED用レフレクター材料を開発 2009    
放射線遮蔽液状シリコーンゴム「ラディバリヤーシリーズ」を開発 2013 ケイ素化学協会・技術賞 室温速硬化性シリコーンゴム材料の開発

研究所の所在地